男女

会社設立をるためのノウハウ|社長への第一歩

真剣に考えよう

背広の人

会社を売却してリタイアをするという経営者も増えています。少し前までは、会社売却を考えているということが漏れると、周りの人に心配されたものでしたが、今では会社売却を前提に事業を行っている経営者もいます。ベンチャー企業を若くして起業した経営者の中には、会社売却と企業を繰り返しているような人もいます。ただ、会社を売却する経営者が増えてきたのはこれだけが理由ではありません。最も大きな理由は後継者問題です。跡継ぎがいないために廃業する事しか考えていなかった経営者が、会社を売却することで従業員や技術を継承できると前向きに考えるようになってきたのです。もしも、会社売却を前向きに考えているようであれば、準備は早いうちから行っておきましょう。なぜならば、会社売却の準備は短期間ではなかなかできないものもあるからです。そのうちの1つが株式の集約です。同族経営をしているような場合や複数人がお金を持ち合って起業をしたような場合、株式が分散してしまい、株主総会での意見がまとまらなくなるというケースもあります。株式を予め代表者一人に集約しておくか、会社売却に関する支持者を取り付けておくことで、売却をスムーズに進められるようになります。株式の譲渡には様々な思惑が発生するので、1件ずつ丁寧に交渉をしていく必要があります。営業や研究開発等も重要ですが、会社売却を考え始めたのであれば、会社売却の時間もしっかりと作っていきましょう。